最大のカジノ会社

2021年版カジノ最大手企業

Posted Leave a comment

カジノ業界は、オンラインカジノの登場により、さらに勢いづいたと言っていいでしょう。多くの国でカジノが合法化されたことで、カジノはブームを迎えています。とはいうものの、未曾有のパンデミックによる経済的負担により、どの企業も苦戦を強いられてきたのですが、世界的に移動制限が緩和され始めたことで、カジノ業界は新たな局面を迎えようとしています。 ラスベガス・サンズ・コーポレーション: この企業はギャンブルの世界で人気があり、30年以上の歴史があります。カジノでのギャンブルから娯楽まで、幅広い事業範囲は賞賛に値します。様々なギャンブルの取り組みを行うとともに、ザ・ベネチアンやサンズ・コタイ・セントラルなど、様々な統合型リゾートを所有しています。同社の計画の一つに、初めてカジノを設立することになった日本市場でデビューすることがあります。日本がゲーム産業で知られていることを踏まえると、同社が日本の基準に合わせてくることが期待されます。 MGMリゾートインターナショナル: 同社は、アジアとアメリカにカジノと統合型リゾートを所有しています。年間売上95億ドルを誇るMGMは、ギャンブル企業の間で尊敬される存在です。マンダレイ・ベイ、ミラージュ、サーカス・ラスベガスなどを含め、有名な統合型リゾートを所有しています。世界が規制を緩和し、移動制限が緩和に向かう中で、2021年は収益改善が見込め、真価が問われる年となるでしょう。 アマヤ: ポーカーの世界は、アマヤにとって最も重要な取り組みの一つです。他社に比べると、アマヤが遅れをとっていることには間違いないですが、その普及度では並ぶものはいません。同社は、収益の4分の1を、カジノとスポーツブックで稼いでいます。アプローチの変更と新たな手法を採り入れることで、来年に向けた準備が既にできています。 ウィンリゾート: 数年前、マカオで不況に見舞われましたが、同社のカジノ事業は称賛に値します。ラスベガスからマカオまで、市場で存在感を示しています。施設の改修と戦略の刷新により、2021年が収益性の高い年になることは間違いないでしょう。  ネットエンターテイメント: 近年、ネットエンターテインメントは信頼性を増しています。同社には、業績が悪化した時期はありませんが、適切な経営と新たな取り組みの導入により、あらゆる課題を解決してきました。そうしたことで、ジャックハンマーやメガフォーチュンのような、多くのスロット作品を生み出してきたという背景があります。ブラックジャックゲームからライブ・ディーラーゲームまで、ネットエンターテインメントは量より質を重視しています。同社は、業界の中で最も古くからある老舗の一社です。成長を続けており、鈍化の指標はまったく見られません。 まとめ: カジノ企業には希少性はありませんが、カジノ企業の中でも特別な位置を占めるものはいます。華やかな構造から質の高いゲームまで、それらの演出やサービスは評価に値します。ギャンブルに対する世間一般の認識の変化により、業界は各国で合法化のためのロビー活動を余儀なくされており、また、新たな人口動態に伴い新たな課題が生じています。